30年以上も個別指導による進学塾「学進会」で塾長として塾生たちの学力を伸ばし続けてきた池浦正孝と、その仲間達で綴る「ガリ勉礼賛」の毎日。いまこそ、ガリ勉が必要だ! という、その指導法とは?
授業も宿題も十人十色です。
35年の指導経験から言えることは、生徒の多様性に対応した授業が如何に大切かということです。
子供達に毎日接していると、彼らの集中力や理解力は一人一人日々変化しています。
その微妙な違いを察知して授業に取り入れる力が塾でも学校でも教師に問われていると思います。
限られた授業時間で最大の効果を生む指導法を実践しています。