30年以上も個別指導による進学塾「学進会」で塾長として塾生たちの学力を伸ばし続けてきた池浦正孝と、その仲間達で綴る「ガリ勉礼賛」の毎日。いまこそ、ガリ勉が必要だ! という、その指導法とは?
入試に向けた実践的な学習をすべき時です。
受験生は生徒の実力に応じた学習で冬期講習までに全科目の総点検をする必要があります。
中学受験生は毎回の授業で全科目の学習を行っています。
都立中高一貫校の受験生は過去問にこだわるのではなく総合力を伸ばす必要があります。
高校受験生は模試で学力の向上を確認しています。
大学受験生はセンター対策と同時に二次試験対策も行っています。
塾長の実力をつける授業で全員全受験校合格を目指して頑張っています。